2014/10/11

数学者のマジキチエピソードワロタwwwww



数学者のマジキチエピソードワロタwwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1412948492/


1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:41:32 ID:9U5sJq8xI

戦争中に地面に円書いて数学の問題といてて、その円を横切った侵略兵にキレて
刺し殺されたアルキメデスとかwwwwwww

【Wiki アルキメデス】
アルキメデス(Archimedes、希: Ἀρχιμήδης、紀元前287年 - 紀元前212年)は、古代ギリシアの数学者、物理学者、技術者、発明家、天文学者。彼の生涯は全容を掴めていないが、古典古代における第一級の科学者という揺ぎ無い評価を得ている。


問題3日寝ずにやって片目失明して、また同じことやってもう片方も失明したが
失明したほうが余計なものが見えず、創造性が高まったとか言って
論文の書くスピード上がったオイラーとかwwwwwww

【Wiki レオンハルト・オイラー】
レオンハルト・オイラー(Leonhard Euler, 1707年4月15日 - 1783年9月18日)は数学者・物理学者であり、天文学者(天体物理学者)である。微積分成立以後の18世紀の数学の中心となって、続く19世紀の厳密化・抽象化時代の礎を築いたとされる。


こいつらこそ人外


2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:42:46 ID:sLXRawnuE
オイラーの失明は暖炉の煙にやられたんだろ


6: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:45:59 ID:9U5sJq8xI
>>2
調べてみたらその説もあるみたいだね どっちにしろ失明した後のほうが論文書くスピード上がったのは事実っぽいなwwww


3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:43:35 ID:Q8tRVdIo4
伝聞を重ねて根ヒレ尾ヒレ付いた話を真に受けるなよ


4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:44:33 ID:NJT2uEhIG
オイラー好き


5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:45:43 ID:YqcVDYvuM
オイラーの公式とかすきだけど
オイラー自身そんななのか?


8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:46:54 ID:9U5sJq8xI
>>5
パソコンの計算とか物理化学必須の近似して答え出すみたいなのもオイラーだぞ


9: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:47:31 ID:UlbYGPkFi
近似はテイラーじゃないの?


13: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:50:46 ID:9U5sJq8xI
>>9
初めの土台 ある複雑な式におおまかな答えをだし、
そのあとそれをもとにまた答えを出し...ってのを
繰り返して精度のある答えを出すみたいなのはオイラーが最初


15: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:52:48 ID:9U5sJq8xI
>>13 で初めの土台ってけど年表的に初めってのはおかしいか 


18: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:54:15 ID:sLXRawnuE
>>9
微分方程式の解法の話
ただオイラー方は基礎中の基礎みたいなもので
実際の数値計算ではもっと改良されたのが使われるのが普通


51: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:29:21 ID:9U5sJq8xI
人が息するように、鳥が空を飛ぶように、計算できるオイラーにセンター数学やらせたら何分で解くんだろうなw


53: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:31:12 ID:dEDtjIOLG
>>51
導入に怒って
最後の問題だけ回答してそう


54: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:32:26 ID:9U5sJq8xI
>>53
俺レベルですらたまにイライラする導入してくるときあるんだから、
オイラーとかなら蕁麻疹できそうだなw


10: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:48:30 ID:nsZ0N360n
エルデシュもなかなかのキチガイ


【Wiki ポール・エルデシュ】
ポール・エルデシュ、エルデーシュ・パール(Erdős Pál, Paul Erdős; (本姓: Engländer), 1913年3月26日 - 1996年9月20日)はハンガリーのブダペスト出身の数学者。生涯に約1500篇もの論文(多くは共著)を発表しており、これ以上に多数の論文を発表した数学者は18世紀最高の数学者と呼ばれているレオンハルト・オイラーのみである。プリンストン大学、ノートルダム大学などで教職に就いた。
-いつ寝ているか分からないほど数学に没頭していたらしく、一日19時間数学の問題を考えていたと言われている。これほどの長時間を研究に割けた背景として、アンフェタミンを常用していたということが挙げられる。中毒ではなかったようで、一度友人と賭けをして服用を断ってみせたこともあるが、その間研究は全く進まなかったそうである-


20: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:56:31 ID:sLXRawnuE
エ○デシュって何した人かよく知らない
すごいいっぱい共著で論文書いてるらしいけど
ぶっちゃけギフトオーさーシップじゃないの


12: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:49:50 ID:5LXxroPde
コンピュータの発明者がコンピュータより計算速かったっての好き


14: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:51:04 ID:9U5sJq8xI
>>12
ノイマンだったけか


【Wiki ジョン・フォン・ノイマン】
ジョン・フォン・ノイマン(1903年12月28日 - 1957年2月8日)はハンガリー出身のアメリカ合衆国の数学者。20世紀科学史における最重要人物の一人。数学・物理学・工学・計算機科学・経済学・気象学・心理学・政治学に影響を与えた。第二次世界大戦中の原子爆弾開発や、その後の核政策への関与でも知られる。


17: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:53:53 ID:9U5sJq8xI
フェルマーの自分本業数学者じゃないのに、あちこちの数学者に問題送り付けておちょっくてたのも笑える


【Wiki ピエール・ド・フェルマー】
ピエール・ド・フェルマー(Pierre de Fermat、1607年末または1608年初頭- 1665年1月12日)はフランスの数学者。「数論の父」とも呼ばれる。ただし、職業は弁護士であり、数学は余暇に行ったものである。


16: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:53:26 ID:8Op6z3Xqd
ガロアとか若くして歴史に名を残してる


【Wiki エヴァリスト・ガロア】
エヴァリスト・ガロア(Évariste Galois、1811年10月25日 - 1832年5月31日)は、フランスの数学者および革命家である。数学者として10代のうちにガロア理論の構成要素である体論や群論の先見的な研究を行った。



19: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:55:50 ID:9U5sJq8xI
>>16
コーシーがもちょっとちゃんと見てあげれば生きてる間に名が通ったのになwwwww

恋人取り合って銃撃戦するというB級映画みたいなのをガチでやって死んだんだよな



21: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:57:36 ID:9U5sJq8xI
10代で「5次以上の方程式には解の公式は存在しない」ってのを証明するって何者だよガロアwww

10台とかオ○ニーしかしてねぇぞ俺


22: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)22:59:12 ID:sLXRawnuE
>>21
20歳で決闘で死亡・・・しかもくだらない女性関係が原因
もったいない


25: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:02:03 ID:9U5sJq8xI
>>22
コーシーがちゃんとガロアから送られてきた論文見てあげれば、そんなことにはならんかったんかもな

ところでコーシーってガロア以外にもこんな扱いしたあと超有名になった奴いたよな

コーシー自体もすげぇ人なのに若手の才能見抜く能力はゼロwwwwwww




【Wiki オーギュスタン=ルイ・コーシー】
オーギュスタン=ルイ・コーシー(Augustin Louis Cauchy, 1789年8月21日 - 1857年5月23日)はフランスの数学者。解析学の分野に対する多大な貢献から「フランスのガウス」と呼ばれることもある。これは両者がともに数学の厳密主義の開始者であった事にも関係する。他に天文学、光学、流体力学などへの貢献も多い。


24: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:01:29 ID:8Op6z3Xqd
ガロアってそんな事で死んだんかウケル

いやいや、ちょっとがっかり


26: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:02:39 ID:9U5sJq8xI
>>24
だから功績が認められたのは死んだあとっていう画家みたいな人だぜ


28: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:07:03 ID:dEDtjIOLG
ガロアの死ぬ前日に書いたガロア理論の論文
意味不明すぎワロタ




34: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:12:48 ID:9U5sJq8xI
>>28
そりゃポーイされるわな


36: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:16:21 ID:7k5Nj5vlL
>>28
現代アートかな?


23: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:00:57 ID:dEDtjIOLG
ラマヌジャンの公式
円周率の公式なんだけど
直感的に導かれたらしい
しかも収束速度がむちゃくちゃ早い

【Wiki シュリニヴァーサ・ラマヌジャン】
シュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャン(Srinivasa Aiyangar Ramanujan、1887年12月22日 - 1920年4月26日)はインドの数学者。極めて直感的、天才的な閃きにより「インドの魔術師」の異名を取った。


42: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:23:00 ID:dEDtjIOLG
ラマヌジャン
大学で数学教育を受けてなかったから基本的に証明って事を知らなかったらしい
だから定理の発見の動機が女神から教えてもらったとか
そんな感じ


46: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:25:23 ID:dEDtjIOLG
ラマヌジャンまだあったwwwwww

1918年2月ごろ、ラマヌジャンは療養所に入っており、見舞いに来たハーディは次のようなことを言った。
「乗ってきたタクシーのナンバーは1729だった。さして特徴のない、つまらない数字だったよ」
これを聞いたラマヌジャンは、すぐさま次のように言った。
「そんなことはありません。とても興味深い数字です。それは2通りの2つの立方数の和で表せる最小の数です」
実は、1729は次のように表すことができる。
1729 = 12^3 + 1^3 = 10^3 + 9^3
すなわち、1729が「A = B^3 + C^3 = D^3 + E^3」という形で表すことのできる数 A のうち最小のものであることを、ラマヌジャンは即座に指摘したのである。


47: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:26:44 ID:sLXRawnuE
>>46
正直これはうさんくさいと思う

>これを聞いたラマヌジャンは、すぐさま次のように言った。

数学者が他人の話をちゃんと聞いてるわけがない


48: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:27:22 ID:dEDtjIOLG
>>47
確かにそうかもw


49: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:27:48 ID:9U5sJq8xI
>>47
酷過ぎワロタwwwwww


27: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:06:00 ID:9U5sJq8xI
A「僕京都大学現役合格えっへん」

B「僕なんか東京大学現役合格だしお前なんか大したことないな」

C「俺なんか理Ⅲ現役合格だけどこの屑どもめ」ABC「ところでお前は?」

望月新一「プリンストン大学飛び級卒業」


ABC「」


【Wiki 望月 新一】
望月 新一(もちづき しんいち、1969年3月29日 - )は、日本の数学者、京都大学数理解析研究所教授。専門は数論幾何学、遠アーベル幾何学(英語版)。
2012年8月30日、望月は ABC予想を証明する論文をインターネット上で発表した。証明に350年程掛かったフェルマーの最終定理も、ABC予想を使えば一気に証明が可能となるため、欧米のマスメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と伝えている。


29: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:07:18 ID:sLXRawnuE
>>27
ABC「(関わるのは)よそう」 


31: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:09:33 ID:9U5sJq8xI
>>29 
こんなんおるんだから基礎系、特に数学の研究者のポスト争いはえぐいはホント。


32: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:10:20 ID:sLXRawnuE
ポストがないのは数学者にかぎらない・・・


33: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:11:37 ID:9U5sJq8xI
>>32
まあね どこもないわな


35: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:15:45 ID:IZAhGnR3e
谷山志村予想って凄いの?


【Wiki 谷山志村予想】
谷山志村予想(たにやましむらよそう、Taniyama-Shimura conjectureは、「すべての有理数体上に定義された楕円曲線はモジュラーであろう」という数学の予想であった。現在は証明され、定理となっているので、モジュラー性定理またはモジュラリティ定理(Modularity theorem)と呼ばれることもある。(本記事では、この三つの用語を区別することなく使用する。)
アンドリュー・ワイルズ(Andrew Wiles)は、半安定楕円曲線のモジュラリティ定理=谷山志村予想を証明し、この証明はフェルマーの最終定理とも深く関連する。

【Wiki 谷山 豊】
谷山 豊(たにやま とよ(ゆたか)、1927年11月12日 - 1958年11月17日)は、埼玉県加須市(旧:騎西町)出身の数学者。谷山予想は、1955年9月に栃木県日光市で開かれた代数的整数論の国際会議で、日本の若手の出席者が中心となって未解決 の興味ある問題を集め、それを英訳して配布したものの中に問題という形で、今日「谷山予想」と呼ばれているものの原型が含まれていた、と言われている。

【Wiki 志村 五郎】
志村 五郎(しむら ごろう、1930年2月23日 - )は日本の数学者。プリンストン大学名誉教授。静岡県浜松市生まれ。
盟友であった谷山豊と取り組んだ谷山・志村予想によってフェルマー予想の解決に貢献し、また、アーベル多様体の虚数乗法論の高次元化、アーベル多様体のモジュライ理論とモジュライに対応するCM体上のアーベル拡大を記述する保型関数を構成し、志村多様体論を展開。これによってクロネッカーの青春の夢の一般化を行った(ヒルベルトの23の問題における第12問題への貢献)。フィールズ賞こそ受賞していないものの、国際数学者会議に4度招待講演者として招聘され、スティール賞、コール賞を受賞した輝かしい経歴を持つ日本を代表する数学者の一人である。

38: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:19:07 ID:sLXRawnuE
>>35
フェルマー予想の解決がこれを解く事に帰着されたんだと
あと望月教授の解いたABC予想ってフェルマー予想の拡張だって

【Wiki フェルマーの最終定理】
フェルマーの最終定理(フェルマーのさいしゅうていり、Fermat's Last Theorem)とは、3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組が存在しない、という定理のことである。フェルマーの大定理とも呼ばれる。
フェルマーが驚くべき証明を得たと書き残したと伝えられ、長らく証明も反例もなされなかったことからフェルマー予想とも称されたが、360年後にアンドリュー・ワイルズによって完全に証明され、ワイルズの定理あるいはフェルマー・ワイルズの定理とも呼ばれるようになった。


37: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:17:19 ID:dEDtjIOLG
>>35
よく分かんないけど
証明したワイルズの方がすごい気がする


【WIki アンドリュー・ワイルズ】
アンドリュー・ワイルズ(Andrew John Wiles, 1953年4月11日 - )は、イギリスの数学者。オックスフォード大学教授(整数論)。「フェルマーの最終定理」を証明したことで知られる。


39: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:20:51 ID:9U5sJq8xI
>>37
一回証明したんだけど不備見つかって、
どうしてもそれが修正できなくて、もうだめだ...と思って
書類整理してたら鍵となるの見つかってそれで完成したんだよな


41: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:21:59 ID:sLXRawnuE
谷山さんは31で自殺して,婚約者もその後追い自殺をしたという
遺書見るとマジキチって感じはしないけど頭いい人はやっぱ色々考えちゃうんだろうな

ガウスも計算ノートの隅に死にたいって書き込んでたらしい


44: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:24:21 ID:9U5sJq8xI
>>41
ポアンカレ予想解決した人も解決後懸賞金の受け取りも拒否して、田舎で母親の年金で暮らししてるニートになってるからな

頭よすぎてこの世を悟ってまうんかな 



【Wiki グリゴリー・ペレルマン】
グリゴリー・ヤコヴレヴィチ・ペレルマンまたはペレリマン(1966年6月13日 - )は、ロシアの数学者である。ミレニアム懸賞問題の一つであるポアンカレ予想を解決した。


50: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:28:01 ID:dEDtjIOLG
ポアンカレ予想証明した引きこもりも中々のキチガイ

【Wiki ポアンカレ予想】ポアンカレ予想とは、
【単連結な3次元閉多様体は3次元球面  S^3  に同相である。】
という予想であり、1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレによって提出された。以来ほぼ100年にわたり未解決だったが、2002年から2003年にかけてロシア人数学者グリゴリー・ペレルマンはこれを証明したとする複数の論文をarXivに掲載した。これらの論文について2006年の夏ごろまで複数の数学者チームによる検証が行われた結果、証明に誤りのないことが明らかになり、ペレルマンには、この業績によって2006年のフィールズ賞が贈られた(ただし本人は受賞を辞退)。


52: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:30:53 ID:9U5sJq8xI
>>50
おそらく世界のニートの中で最強のニートだろうな


57: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:35:03 ID:dEDtjIOLG
ポアンカレ予想証明したペレルマンかわいいwwww

現在は故郷で母親と共にわずかな貯金と母親の年金で細々と生活しているらしく
消息は不明だが、ひそかにケーラー・アインシュタイン計量 (Einstein-Kahler metric)
の存在問題に取り組んでおり、数学者としての研究はいまだ放棄していないと言われる。
趣味はキノコ狩りとされ、人付き合いを嫌い、ほとんど人前に姿を見せない人物で
あるが、学生時代までは笑顔の絶えなかった少年として周囲から記憶されている


58: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:36:24 ID:9U5sJq8xI
>>57
間違えて毒キノコ食べて死亡とかアホな死に方しそうで怖い


60: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:36:38 ID:sLXRawnuE
グロタンディークもやばい
なぜ数学者は失踪したがるのか



【Wiki アレクサンドル・グロタンディーク】
アレクサンドル・グロタンディーク(Alexander Grothendieck, 1928年3月28日 - )は主にフランスで活躍している(または「していた」)、ドイツ出身のユダヤ系フランス人の数学者である。
父親はロシアで無政府主義革命を起こそうとしていたアナキストとされる。母親はハンカ・グロタンディークという名のドイツ系ジャーナリストである。


61: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)23:40:27 ID:dEDtjIOLG
不完全性定理のゲーデル

毒殺恐れて何も食わなくて餓死wwww



【Wiki クルト・ゲーデル】
クルト・ゲーデル(Kurt Gödel, 1906年4月28日 - 1978年1月14日)は、オーストリア・ハンガリー二重帝国(現チェコ)のブルノ生まれの数学者・論理学者である。業績には、完全性定理及び不完全性定理、連続体仮説に関する研究が知られる。



人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

2 件のコメント:

  1. >>41
    >ガウスも計算ノートの隅に死にたいって書き込んでたらしい

    頭いい人はみな不幸らしい。頭悪くても死にたいひとは山といるからなんともいいがたいところでもあるが。

    返信削除
  2. 頭良いから不幸なんじゃなくて、
    入ってくる情報を制御出来ないからちゃうの。
    良いアイデアや情報だけが巡る訳じゃないから。
    まあそない簡単に想像できるほど
    世の中単純に出来てないだろうけど。

    返信削除